IPL脱毛の特徴

IPL脱毛の特徴

光脱毛の一つにIPL脱毛と呼ばれるものがあります。「IPL」は、インテンス・パルス・ライトの頭文字を取って命名されました。チカチカ点滅する光を指しています。

 

これは医療行為には当たらない脱毛技術であるため、エステサロンで広く取り入れられています。

 

医療行為には当たらないとはいえ、医療レーザーのように、毛根を破壊する光を使った技術で、施術費用が格安な上に痛みもないとあってエステ業界に急速に広まり、サロン利用者の間でも人気を博しています。

 

「IPL」もレーザーも、毛根を刺激して毛の再生を止めるという点では共通していますが、「IPL」の場合はメラニン色素にだけ反応する光なのだそうです。

 

これによるメリットは、敏感肌の方でも施術を受けられる(個人差はありますので全くトラブルが起きないというわけではありません)ことと、「ちょっと暖かいな」程度の違和感しかなく施術が気持ちの負担にならないことです。
それから、広範囲に照射が可能なので短時間で施術が済むこともメリットと言えるでしょう。

 

デメリットがあるとすれば、技術そのものが誕生してから日が浅く、日本でも施術例がまだそれほどは多くありませんので、その永久性については確証が得られていない段階なのです。

 

ある一定の期間施術を受けたとして、ある人はそれでもうムダ毛の再生がなくなったと言いますし、別の人は何度も生えて来てしまうと言い、個人差が大きいことが伺えます。

 

医学界でも、サロンの光脱毛には永久性は認められないとし、サロン側でも光脱毛に「永久脱毛」の文字はつけていないはずです。ですから、毛の質によってはこの脱毛方法では思うような効果が得られないかもしれないことは、覚えておきましょう。