レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛の特徴

レーザーと呼ばれる、細く、遠くまで届くタイプの光線は、コンサートなどのイベント会場でも照明に使われていますから見たことがある方は多いと思います。

 

この光技術は、脱毛を含む多くの医療現場で治療に使われています。
脱毛に使われるようになったのも、元々は、アザを消すレーザー治療を行っていく中で患者のアザの部分から毛が生えなくなったことに気付いた医師が、脱毛用に使えるのではないかと思いついたことが発端でした。

 

ですから、元々はアザやホクロを消すために使われていて、その中から偶然見つかった脱毛効果を特化させたのが今のレーザー脱毛という技術ということになります。

 

これは医療用レーザーですから、クリニックでしか使えません。名古屋でレーザー脱毛を受けたい場合には、それを行っているクリニックを探すことになります。

 

主な名古屋のクリニックを紹介しますと・・・

 

・あいち美容クリニック
・湘南美容外科クリニック
・名古屋YSスキンクリニック
・Nセントラルクリニック美容外科
・西堀形成外科

 

ネット上で調べてみればすぐに見つかるので公式ページを調べてみてください。

 

さて、この脱毛用のレーザーはメラニン色素に反応するように出来ており、黒い毛の根元に瞬間的に高熱を起こしてそれが接している毛母細胞を破壊するという技術です。
アザやシミ・ソバカス、ホクロなどの色素の治療に使われていたことからこの技術が生まれたのにも納得が行きますね。
それに、逆に脱毛を行った結果一緒にシミも薄くなったということも起きる場合があります。

 

医療レーザー脱毛も永久脱毛とされています。
針のように一本一本とまでは行きませんが、レーザーは細い光なので、細かい処理も可能ですし、針よりも時間がかかりません。
痛みが弱いということもメリットの一つに挙げられるでしょう。